TOBIUO-KAI CATEGORIES


◆◆Information
◆◆パズル・ゲーム
◆◆発見発明挑戦アイデア
◆◆gold experience
◆◆接続
◆◆タイポグラフィ研究
◆◆フシギ☆
◆◆やわらかぁ
◆◆アゲアシトリ
◆◆共通テーマ




TOBIUO-KAI
green orange green
gold_btn gray blue
purple yellow black

2013.05.06.Mon 3Dなのか平面なのか?

試作として。

これまでモノクロや単色で書体を考えてきましたが、
今回は派手な色を使ってと思い、
昔なつかし「ルービックキューブ」で試してみた。

限られたマス目(3×3の個々の面)の中で
アルファベットすべてを表現するのは難しい。
1文字1文字のボリューム感が揃わない結果になった。
6×6などマス目を増やして、改良の余地が必要だと思う。

また3Dでありながら、平面的な表現となった部分も
今後の研究で改良していきたい。



      ↓
 「 キューブ体 」 (新書体 No.008)












2012.12.01.Sat 暇〜〜!?

ブルーです。

タイトルが「暇〜〜!?
別に、この忙しい師走に公私ともに暇なわけがありません。
今年もあと2ヶ月ほど欲しいくらいです。

今回のタイポグラフィ研究の結果を見て「暇だな〜〜」
と言われそうなので、いっそのことタイトルにしてみました。

文字となる題材は、
包装資材として大活躍のエアキャップ。=通称 プチプチ
不要になったプチプチを捨てる前に、1つ2つ...と、潰したことはありませんか?
そんな時にできた新書体です!

見えにくいかもしれませんが、
1文字のスペースを統一させ、規則を決めて計算された書体です。
文字が残るように周りを潰していく・・・
意外とすんなりA~Zまでできたので、一人で静かに感動!
さっそく12月1日という節目なので、更新します。



      ↓
 「 ひまつぶし体 」 (新書体 No.007)




※次回作は年内...? いや来年になるかな〜
  時間のない中でできた作品って嬉しいものです。










2012.11.21.Wed 新書体、初めてのシリーズ化!

ブルーです。

先週に続いての新書体は、麻雀牌シリーズの「筒子体」です。
前回の索子体同様、活かせる牌はそのままの配置で作成し、
他は九ピンをベースに完成させた。



    ↓
 「 筒子体 」 (新書体 No.006)




※早くも...麻雀牌シリーズはこれにて終了!(予定?)
  次回さらなる力作を準備中。乞うご期待!?






2012.11.15.Thu 緑一色はできません。

ブルーです。

寒くなってまいりました。
コタツに入ってみかんを食べる?、それとも麻雀でもしますか〜?
とは言っても私は、ファミリー麻雀程度しかできません!
でも役満くらいは知ってるつもり。
国士無双、大三元、四暗刻、字一色、緑一色・・・

そこで、今回は麻雀「牌」でアルファベットができないか試してみた。
なかでも索子(ソウズ)が展開しやすいだろうと取り組んだ。
これまでのようにパーツでそのまま文字にするのではなく、
牌はもともと数字や文字を表す物なので、
そのまま活かせる牌はなるべく崩さず使用した。
他は規則を作るため、九ソーをベースに最小限の変化で完成させた。

四ソー、六ソーや發がないため、緑一色(リューイーソー)はできません。
・・・話がそれてきたので終わります!



    ↓
 「 索子体 」 (新書体 No.005)








2012.10.27.Sat スプーン曲げ!?

ブルーです。

昔スプーン曲げが流行った。
インチキ超能力...?
そんなことどうでもよい。
・・・・・
私は新しい文字を作りたいだけ。

そうだ!...スプーンをたくさん曲げて文字を作ろう!
でも、家中にあるスプーンが曲がってたら妻に怒られる!!

だからストローを曲げてみた。
魔術を使わなくても簡単に曲がるいいやつだ!


       ↓
 「 曲がるストロー体 」 (新書体 No.004)



★こんな単純な発想をお許しください。






2012.06.26.Tue 実は昔、野球少年でした。

ブルーです。
実はこんな姿(魚...?)の私でも、昔は野球少年でした。
小学低学年から少年野球に入部、個人でもチームを作ったり・・・
運動公園やお寺の庭、稲刈り後の田園など、
時間があれば、野球三昧の日々でした。

TVアニメでは巨人の星、侍ジャイアンツ、ドカベン...で育つ。
※ちなみにその後人気番組になったタッチは、
 私の年代では新し過ぎて、ほとんど見ていない。

しかし...中学入学時、TVアニメ「新・エースを狙え!」に影響され、
テニス部へ...しかも軟式庭球部。
6年間続け、そこそこの成績は収めたものの何度も後悔したような・・・
野球を続けておけば良かった、サッカーをやれば・・・とか
せめて「キャプテン翼」でもTVでやっていれば、
プロのサッカー選手になれたかな〜〜
※今は自分の夢を息子にかけている40代パパ。

・・・・・・・・・・

話を戻すと、
小学生の頃、ボロボロの硬式野球ボールの赤い縫い糸をほどいて
中にある糸をさらにほどいていくことに、夢中になったことを思い出した。

この赤い糸は、
ひょうたん型の2枚の白い皮を縫い合わし、1つのボール(球)を作り出す。
この縫い目を頼りにピッチャー(投手)たちは、握り方を工夫して変化球を投げる。

今、その赤い糸が文字として縫われ、新しい縫い目をあみだし、
さらなる大魔球が生まれることを期待する!

      ↓
 「 野球ボール体 」 (新書体 No.003)


今回の注意点としては、縫い目の方向(流れ)が不自然にならないように心がけた!?






2012.05.18.Fri 私はピアノ?

共通テーマ「白黒」では、おにぎり体を紹介しましたが、
「白黒書体」で、もう1つあったネタを披露します。

その名も「PIANO TAI」

ピアノの鍵盤は、昔から白と黒で構成されている。
あまり気にしたことはないけど、真っ白や真っ黒の鍵盤だったら...
そう、弾きにくいだろうね。

ということで、このような書体もできるということ。
特に説明することもないので、この力作(?)...ご覧あれ!

     ↓
  「  ピアノ体  」 (新書体 No.002)


どのような音楽が聞こえてきそうですか〜?

  



2012.03.22.Thu おにぎりの海苔が文字...?

ブルーです。

共通テーマ「白黒」に掲載した「オニギリ体」ですが、
タイポグラフィ研究の成果として、こちらでも紹介いたします。

      ↓
 「  オニギリ体  」 (新書体 No.001)




2012.01.12.Thu 迷酔 - M E I S U I -

新しい年、辰年となりました。
年男ではないが「竜」が大好きなブルーです。

今回のタイポ研究は「 迷路 + 文字 」です。
注)オレンジのカテゴリではありません。

なぜタイトルが「迷酔」なのか・・・
造語のつもりでしたが、辞書にしっかりありました。
    ↓
めい-すい【迷酔】
→〔名〕ある物事に正常な判断ができなくなり夢中になること。また、その状態。
...日本国語大辞典より


B_0002


この迷路、結果的にワインのラベルとしてデザインしています。
迷路を楽しもうとスタートするのだが、
ちょうど中央あたりで気分が悪くなり、酔った感じになるのです。
そこに浮かび上がるのが「迷酔」という2文字。

右下のゴールへの順路は1つしかありません。
ワインを口にしなくても目がクラクラするのはなぜなのか...
それは、透明感のあるボトルに巻き込んであるため、
反対側に見える道がズームされ、ゆがんで見える。さらに揺れるのである。

勇気のある方は、透明のシートに出力して
ワインボトルの貼って、チャレンジしてみてください!
ただ、私は迷路遊びが趣味でも達人でもありません。
どうしてもゴールにたどり着けないとか、簡単すぎるとか・・・
一切苦情はお受けできません。




ということですが、今回の研究は、
迷路のラインがタイポとしてデザインできないかを試みた作品です。
作ってると目まいがして酔ってきたので、
お酒(ワイン)とリンクさせ「迷酔」と名づけました。


また次回、新たな視点で研究しようと思います。





2011.12.04.Sun The 4our seasons

文字って面白い!


そんなことを思いながら日々過ごしてる私からの提供は、


タイポグラフィ研究という広いテーマの中で


自由に文字や図版に触れていきます。



手始めは、なるべく文字自身に手を加えてないように見せたくて、


一目で読める4文字をセレクト、色もモノクロとしています。



B_0001




春は「春巻き」に読めるとか、


夏は「スーパーマン」に見えるとか、


冬の「W」は厳しいんじゃないの? ...とか、


そんな結果が得られた作品です。




ということで、今回は面白いとまではいきませんが、


今後、徐々に発展させたタイポグラフィ研究を目指して


追求していこうと思いますので、長〜い目でおつき合いください。







1/2 >>