TOBIUO-KAI CATEGORIES


◆◆Information
◆◆パズル・ゲーム
◆◆発見発明挑戦アイデア
◆◆gold experience
◆◆接続
◆◆タイポグラフィ研究
◆◆フシギ☆
◆◆やわらかぁ
◆◆アゲアシトリ
◆◆共通テーマ




TOBIUO-KAI
green orange green
gold_btn gray blue
purple yellow black

2013.03.02.Sat 鞆の浦活性化?? その1 立地・アクセス

2013年の正月のこと。 青春18きっぷを使って、山陽本線を移動した。尾道によって福山宿泊。 
これはホテルが安いから福山に泊まっただけ。翌朝、福山からバスで鞆の浦に行ってみた。 ポニョの舞台ともされる鞆の浦をうろうろして、福山に戻り、倉敷美観地区へ行き、そこをうろうろ。 

鞆の浦は、残念な、惜しい街だった。と、いうのは、あくまで観光で訪れた自分にとってであって、そこに暮らす人にとって惜しいのか、そこで観光関連の仕事に従事する人にとって残念なのかはわからないが・・・ あくまで、旅人として2時間ほどいただけの自分から見た、鞆の浦の問題点、活性化案を考えてみよう。 ここに本文を記入してください。

ここに本文を記入してください。  
ここに本文を記入してください。


●立地・アクセス 
周辺の観光地、尾道、倉敷美観地区が駅徒歩圏なのに対して、鞆の浦は福山からバスで約30分。 鉄道を中心に考えると劣っているのだが、これは必ずしもマイナスではないだろう。
むしろ、先行する尾道・倉敷との差別化にもなるだろうし、一定時間、観光客を囲い込むことができ、宿泊という選択肢も可能性としてはなきにしもあらず・・・ということで。 
ただし、問題は自動車ではないだろうか。
いわゆる観光地ではなく、古い町並みを楽しむ場所、地元の人が生活している場所なので、街を散策していても普通に自動車が走っている。
 私が行った時は朝、1月6日だったか?の朝10時くらい。地元の人と思われる自動車数台とすれ違った程度だが、もし観光客がマイカーでやってきて、狭い道路に入り込んでくるとすれば、地元の人も観光客も迷惑。 
尾道の場合、街を散策といっても自動車の通れない山の斜面が散策ポイントだし、倉敷美観地区は自動車は制限されていると思う。散策する観光客に負担はない。 

鞆の浦は地元の人が、普通に暮らしているだけに、自動車は制限できない。せいぜい駐車場を大きな道路沿いに確保するしかないだろう。
 以前、日田の豆田町に行ったことがあるが、そこも自動車が通っていて歩きにくかった・・・。いや、その時は、こちらは自転車だったので、駐輪場がなくて歩きにくかったともいえる。 

街を散策させるには、マイカー利用者には駐車場を、バス利用者にはコインロッカーを、自転車利用者には駐輪場を。



2012.10.04.Thu 自費出版で大金持ちになる green

 母が、亡くなった祖父の手記を自費出版したいらしい。
そういう相談を受けた。
内容的には太平洋戦争中、作戦行動中の日記と短歌である。

資料的な価値はあると思う。
短歌としての価値はわからないが、おもしろいものもある。

別に自費でなくても、戦争ものはジャンルとして商業出版の可能性も?
と思ったが、売れるほんとは思えないし、出版不況だし。
調べると出版社が流通させてくれる自費出版などがあった。バカ高い。高くても売れると自信があれば、そういうルートもあるのだろうが、資料的な価値がメインと思われるものを流通させる意味もないように思うので、じゃ、ふつうに印刷会社でつくればとネットで見た。1/10くらいの費用でできる。
さらに調べると、ISBNコードというのをとれば、アマゾンで売ることは可能なようだ。

ということは、自分自身が出版社として流通させることできるなー。
と、まあ、売れない本と思いながらも、とらぬタヌキの皮算用、計算してみた。
なにせ出版の経費そのものは母が出すわけだから、売れたら経費分は母に渡して、残りの利益は折半とかして・・・いやいや、儲かれば親戚もよこせと言ってくる、で、身内がごちゃごちゃになって、裁判なって、それで・・・・

ということには、ならない。
1000部や2000部売れた所で、親戚がもめるほど儲からない。
なにより、1000部も売れる理由がない。
アマゾンの取り分や、コード取得の料金すら回収できない。
NHKスペシャルの戦争特集にでも取り上げてもらえば違うかもしれないが。

たとえば医師が健康関連の書籍を自費で出して、流通させて、図書館とかに寄贈して、とやれば、本で利益は出なくても、本業への波及か効果があるだろう。コンサルタントとかもそうだ。図書館行くと中身の薄いビジネス本や健康関連本も多い。
そうでないとすれば、自費で出して、細々と長く需要がありそうなジャンルの本を作らないといけない。出版社が目をつけないようなものをアマゾンで売る・・・
パズルとか、いいかもしれない。
タイポグラフィ、イラストなども、宣伝ツールとしては有効かもしれない。

いろいろ思ったが、アニメ・漫画などの同人誌は、即売するメディアもあり、うまくできてるなー。。。



2012.08.06.Mon タイムマシンを作ったとして

 タイムマシンを作ったとして、
一時間前に戻ると、地球の自転は時速1600km以上だから、いったいどこに現れるのかわからない。自転だけでなく、公転もあれば、銀河系そのものの動きも、宇宙も膨張してるだろうから。そう考えると、タイムマシンを起動させるのは、何もなさそうな宇宙空間が理想で、そこから移動するのが便利だ。UFO的な乗り物になるように思う。
超高速で移動できる宇宙船を作ったとしても、相対性理論などで時間経過がややこしくなるので、タイムマシン的機能が必要になるだろう。
時をかける少女的に、人だけで時間を移動できる能力を持った人がいたとして、宇宙空間に投げ出されてるんだろーなーと思う。

それにしても自転1600km。急ブレーキをかけたらむち打ちではすまない。

ちょっと忙しく、バタバタしてるので、思いつくまま。






2012.06.06.Wed ガンダムフロント東京  green

 「ガンダム」は集客力あると思う。といっても「ガンダムフロント東京」に行ったことあるわけではない。
実物大ガンダムというのも魅力だ。見てみたいと思う。ランドマークにもなるし、集客力もあるだろう。大きいというのは魅力だ。
以前のお台場や静岡同様の実物大だが、今回は常設なのだろうか。少なくとも期間限定ではないみたい。
それら以前にもザクの頭部だの、ガンダムの上半身だのが、他地域でのイベントや施設などで展示されていたようで、それらの反応もよかったので常設として建てられたのではないだろうか。
常設だった場合、耐久性がどんなものなのかなと思ったりする。白色は汚れが目立ちそうだし。
それなら汚れが目立たず、デザイン的にも優れているジオンのモビルスーツでないのはなぜ? と、どうしても考えてしまう。動きのギミックというかアトラクション的な部分でも、ジオンの目玉のが使い勝手が良さそう。

ジオンのものが採用されない理由は、実はジオン側の施設は、大阪で密かに建設されているのだ!!
というわけで、証拠写真を掲載。


 

んー、写真
の削除がよくわからないので、このままUP



2012.04.15.Sun 暗闇ビジネスは可能か green

 共通テーマが白と黒ということなので、明と暗でのビジネスについて考えてみた。

本来、夜は暗い。そのことになかなか気づかない。電気のおかげだ。都会では特にそうだ。

自転車で旅行していて、間違ってというか、状況によって田舎の夜道を走ることになったりする。それが小さな峠越えだったりすると暗闇の怖さを改めて感じる。霊的なものは否定的な自分だが、何か異質な恐怖を感じる。

街灯があっても知らない土地で家などがない場所は怖い。たまに明るい建物があってコンビニやファミレスだとホッとする。でも古いラブホだったりすると、それはそれで怖かったりするが。

明るいことはそのままビジネスに直結する。電気・電化製品はすばらしい発明。灯りの下で飲食店でも、オフィスワークでも行われるし、広告を照らしたり、照明の効果でモノを良く見せたり、空間を演出したり。早い話が暗くて見えない状態では何もできない。

では、暗闇そのものを何か活かすことはできないだろうか。



続きを読む >>

2012.02.08.Wed ボトルネック効果と少子化と都市問題と参勤交代???

単なる思いつきである。というか、こういう流れで思考したというだけのもの。

メタ個体群とは、群れを行き来して繁殖することができる複数の個体群の集まりのことらしい。

この群れの行き来が、川の流れが変わったり、道路が造られたりして難しくなり、一部のものしか行き来できなくなるのをボトルネック効果というらしい。

ボトルネック効果により、閉じられた場所で固有の種として進化することもあれば、群れの遺伝子の多様性が低下し絶滅の可能性が高まったりする・・・というようなことがビオトープ関連の本に書かれていた。

日本の文化などの個性は島国というボトルネックで形成されているのではないか。また、いま少子化が進んでいるのも世界から孤立して多様性が低下しているからではないか、と思った。もちろん少子化の要因はいろいろあるはずだが、ひとつの要因としてボトルネック効果もあるのでは・・・

だが、それもおかしい。だいたい、日本だけを見ても土地はいっぱいある。人もいっぱいいる・・・



続きを読む >>

2011.12.23.Fri チカン・アカン 電車に人を詰め込むアイデア

 「チカン・アカン」と大阪の地下鉄にポスターがあった。いまもあるのかは知らない。車内アナウンスでは「痴漢は犯罪です」と言っていた。
実際その通りなのだが、痴漢という犯罪が起こりやすい環境を提供している側が、道徳心に訴えるようなことが中心というのはいかがなものか、とも思う。
「私どもは満員緩和のためにこんなこんな努力をし、痴漢の未然防ぐためにこんなこんな努力をしていますが、未だに痴漢が起こっております。どうか皆様、もう一度痴漢が懲役何年・罰金00円以下の犯罪であるということを認識していただきまして・・・」というのならまだしも、と思う。

それはおいといて、早い話し満員電車をなんとかしなければ、と思う。人口がどこに集まっているとか鉄道会社の罪ではないが、満員電車と言う不快な環境を提供しておきながら、サービスの質向上もあったものではない。

1.車両を増やす
最も簡単な方法だが、これを実現するにはホームを延ばす必要があるわけで投資も必要になる。

2.ホームにかからない車両を増やす
単純に一番後ろに1両程度はホームに入れない前提で増やす。
まったくドアが開かないのも何なので、○○駅と○○駅限定でホームにかかると決めておいて、その駅では前の車両がホームをはみ出て停車する。

3.ターミナル駅専用車両導入
2の考えを応用すると、乗降者数の多いターミナル駅のみホームを拡張し、列車の後ろ数両はターミナル駅専用車両にしてしまう。

4.その他
二階建てにするとか、椅子いらないだろうとか・・・・

いじょう、おしまい。

2回目にして、手抜きで申し訳ない。
まあ1回目も10年くらい前に書いたのを使ったわけですが。
ほんとは、AKB商法を、景品表示法ギリギリか、ひっかかるとこまで突き詰めたら何ができるかを考えようと思ったのですが、特に広がらなくて、お茶をにごした次第で・・・





2011.11.21.Mon 市場調査におけるイメージマップ制作システム

こういうインターネット上に調査方法があってもいいんじゃないかというシステム。のアイデア。



Webサイト上に上の図のようなグリットを制作。個人のイメージに合うボタンを1カ所クリックしデータ送信。そのボタンの箇所のカラー濃度を増やしていく。

クリックされた回数が多いほど色が濃くなっていくことで、調査対象者のイメージがマップ上に展開される。



活用方法

●ネットでの市場調査・イメージ調査などアンケートツールとしての活用

通常のアンケートでは、イメージを言葉で表現して行っている。例えば(よい・ややよい・普通・やや悪い・悪い)といった言葉で表され、それをチェックすることになるが、感覚的なポジションを明確にしにくい。それを改善。人の感覚をマップをクリックすることで明確にする。

●広告表現ひとつとして表示。

商品のニーズ、ターゲットなどをわかりやすくする。アンケート結果をWebに表示することで、データにもとづいた商品提案が可能となる。商品特長に合わせて縦軸・横軸を設定。この段階でマイナス・イメージとなる項目は避ける。



といようなもの。

飲食店の評価サイトや映画の評価サイトなどで使えると思う反面、アンケート対象者が増えすぎると濃淡での差異がわからなくなるというデメリットも考えられるので、人数を制限するなど、運用方法にルール・規定が必要になると思われる。




2011.11.21.Mon グリーンのごあいさつ

書くテーマが難しい。
そもそも書きたいことがないのである。
悩んだあげくのテーマとしては、発明・発見・新理論などの思いつきを、深く調べることなく書きとめておこうというもの。

だいたい何かを思いついても、それが完全なオリジナルという可能性は薄いし、自分で実現することも難しいし、思いつきをカタチにする気力もないので、とりあえず書くだけ書いておこうと考えた次第。
わざわざパクったりする気はないが、細かく調べたりするのも大変なので、似たようなことが発表されていたりすると思います。そういう緩い感じで発明・発見的な「何か」を発表するだけ。

もっとも本当に素晴らしいことを思いつけば、こんな所で発表せず、特許でも取って大金持ちになるわけですが。。。何にせよ世界のエネルギー問題を解決するかもしれないし、邪馬台国を発見するかもしれないし、ノーベル賞よりはイグノーベル賞につながるようなアイデアを出せればと思っています。




1/1