TOBIUO-KAI CATEGORIES


◆◆Information
◆◆パズル・ゲーム
◆◆発見発明挑戦アイデア
◆◆gold experience
◆◆接続
◆◆タイポグラフィ研究
◆◆フシギ☆
◆◆やわらかぁ
◆◆アゲアシトリ
◆◆共通テーマ




TOBIUO-KAI
green orange green
gold_btn gray blue
purple yellow black

2012.06.20.Wed 本と音楽の接続〜その3

読むことに集中せずに文意を読み取ることは難しい。
読んでいるときは文字に集中している。

 
旦那さんは本を読んでいる。
奥さんが声をかける。
旦那さんには聞こえていない。
再び奥さんが声をかける。
旦那さんには聞こえていない。
・・・・・・
何回目かに奥さんが大声で呼ぶ。
旦那さんはびっくりして、ようやく気付く。

 
音楽を聴きながら本を読むといっても音楽は聴いていない。
音を気にせずに本を読んでいるだけである。
文字に意識を向けているとき、聴覚は危機に備えているのみ。

しかし、音楽を聴きながら本を読んでいると不意に音楽が聴こえてくる瞬間がある。単なる音としてではなくきちんと音楽として。
それは集中力の切れ目にやってくる。


『アキハバラ@DEEP』を読んでいるときに
『FLAME VIEN』をリピートで聴いていた。
音楽として聴こえてきたのは、 必ず4曲目の
「リトルブレイバー」だった。


  『アキハバラ@DEEP』 石田依良
    ITベンチャーを立ち上げた才能ある若きオタクたちが
    IT業界を席捲する大企業のオタク社長に戦いを挑むお話

  『リトルブレイバー』 BUMP OF CHIKEN
     『FLAME VIEN』(7曲収録)の4曲目
    時には勇者にでもなれるんだ(歌詞一部)


本を読んでいる途中で聴こえてくるのが必ず同じ曲であるのは何故か?
 
この本と音楽は内容的にマッチしている部分が大いにある。
しかし、それが理由ではない。
読書に限らずだが、人の集中力には限界(時間制限)がある。
その集中力の切れ目に音楽が流れ込んできた。
「リトルブレイバー」がかかったときに意識が音楽の方に流れたのではなく、
音楽の方に意識が流れたときにかかっていたのが「リトルブレイバー」。

音楽の再生周期と集中力の切れ目の周期の一致。

本と音楽を本当の意味で同時に楽しむことは無理…
(少なくとも今の自分には)


これは「文字(テキスト)」の特殊性によるものだと考えられる。
映像や音は自然のもので、たとえ人間でなくても同時にとらえることが可能。しかし、「文字(テキスト)」は人工的な情報伝達の媒体であるから、映像や音を認識するステージとは異なるステージで脳が働いて認識されているとしても不思議はない。こう仮定すると、たとえ音声と「文字(テキスト)」の組み合わせだとしても同時には認識できていないことになる。これらは、お互いが補完しあう関係にあるために、同時に聴き・読み取れているように錯覚しているだけ。

「本と音楽の接続」は言うまでもなく、映像や音に合わせたテレビの字幕やテロップも「同時性」という意味ではナンセンスか…


いま思うこと・・・
 
3D化された映像や3D化された音をが家庭でも楽しめるようになった。
それは、映像を2つの目でとらえているからこそで、音を2つの耳でとらえているからこそである。
つまり、ややズレのある2つの情報の重ね合わせ。

もし文字情報が脳の2箇所でとらえられているなら文章の3D化なんてことも可能なのだろうか。もし可能だとしても具体的にどのようなことが起こるのかはサッパリわからないが…


| 01:00 | comments(0) | 接続 |

2012.01.10.Tue 本と音楽の接続〜その2

遅くなりましたが、 明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

では、早速ですが・・・
本と音楽の“ワードマッチング”について



前回ご紹介した
 book1:村上春樹著『世界の終りとハードボイルドワンダーランド』(新潮文庫)

 music1:Mr.children『Pink〜奇妙な夢』
を例にあげると、
 word1:「ピンク」
があります。(共通する言葉は1つしか見つけられませんでした…)

book1ではピンク色が好きな女性が登場し、
music1の歌詞には「君はバッグを開けてピンク色のガラス玉を渡して微笑む」
という部分があります。

(人によって解釈の違いがあることは否めませんが、)
book1では現実世界と脳内に作り上げられた仮想世界で交互にストーリーが展開されており、
それらをリンクさせるもの(「ユニコーンの頭骨」など)が両方の世界でに登場します。
music1には「奇妙な夢の中から僕らを覗いてみると本当の二人より少しマシに見せてくれるよ」
という歌詞があり、こちらは夢と現実のリンクが描かれています。

前回にbook1とmusic1が「融合」の状態に近いと述べたのは、上記のようなことと
music1の曲調が不思議な感覚を適切に描写していることが理由です。


他の作品についても随時ご紹介できればと思っていすが、ここで
「本と音楽の接続」を考える真の目標を述べておきたいと思います。


本がインターネットでダウンロードできるようになったことで、
音楽と同じように入手することができ、そして多くの場合、
それらは同じデバイスで鑑賞できます。

かなり安易ではありますが、同じデバイスでこれらを楽しめるということになったことで、
「その両方を同時に楽しむ新しい方法(ソフトウェア)があってもよいのではないか?」
という着想に至りました。

その仕組みを考えることも面白いですが、すでにページめくりに合わせて
音楽を切り替えるということが村上龍氏の作品によって実現されています。
しかし、「(別々に創造された)本と音楽の融合」を機械的に行うことは非常に難しく、
現状としては様々な実験的な取り組みの中で組み合わせを見つけていくしかないのではないかと思います。


もし何かしらの法則により一定の精度で可能であるとすれば、その法則を発見したい。
浅はかで妄想じみていますが、これを目標に「本と音楽の接続」を考えていきたいと思います。



| 00:15 | comments(0) | 接続 |

2011.11.30.Wed 本と音楽(歌)の線接続

 もっと本を読みたい。もっと音楽を聴きたい。

そういう思いから、まずは
 「本と音楽(歌)の線接続」
を考えることにしました。
単に本と音楽の両方を同時により楽しむためにはどうすればよいかを
考えるということです。


が・・・
当たり前といえば当たり前のことですが、すでに「融合」が実現されたと
思われる作品がありますので紹介しておきます。

 村上龍著 『歌うクジラ』 (電子書籍)
  
  小説に合わせた楽曲を坂本龍一氏が作成。
  ページめくりにあわせて流す音楽を変更する(音量まで調整可能?)という
  アイデアで実現されている。
  著者いわく、小説に合わせた音楽は史上初かもしれないとのこと。


プロに仕事をされてしまっては手も足もでませんが、
私が考えた「本と音楽(歌)の線接続」は
  “ワードマッチング”(本のキーワードと歌の歌詞のマッチング)
です。

本と音楽(歌)の共通点を「限定されたテキスト」に限ることに納得できないかと思います。
私自身も、本来であれば
  “本の世界観と音楽の世界観のマッチング”
のようなものであるべきだと思っておりますが、これはもはや「融合」であり、
現時点では手に負えませんし、何より「本と音楽が融合しているかどうか」は
人によって違うだろうなというのが正直な感想です。

ちなみに、私は
  村上春樹著 『世界の終りとハードボイルドワンダーランド』 (新潮文庫)

  Mr.children 『Pink〜奇妙な夢』
は「融合」の状態に近いように思います。


実際に本と音楽を“ワードマッチング”した結果は次回から数回に分けて紹介したいと思います。



| 01:17 | comments(2) | 接続 |

2011.11.30.Wed ごあいさつ

 とびうおグレーは、別々のものをつなげるような取り組みがしたいと思い、
カテゴリー名を「接続(connection)」としました。


いきなり本題に入りますが、「接続」には2つの種類があるように思います。
1つ目は、
 「2つ以上の異なることの共通点を見出して関連させること」
で、2つ目は
 「ネットワークを形成すること」
です。

このカテゴリーでは、1つ目の意味での「接続」に取り組むつもりですが、
1つの言葉に2つの意味があると(私自身も)混乱するかもしれませんので、
次のように区別して呼ぶことにします。
 「線接続」: 2つ以上の異なることの共通点を見出して関連させること
 「面接続」: ネットワークを形成すること

そして、「線接続」により実現されるであろう
 「融合」: 2つ以上のことが1つになった状態
を目指すことが目標になります。
ちなみに、「面接続」からは
 「浸透」: (ネットワークが)必要不可欠になった状態
が引き起こされることが期待されるのではないでしょうか。


イマイチよくわからないかもしれませんが、何とか頑張ります。



| 01:13 | comments(0) | 接続 |


1/1