TOBIUO-KAI CATEGORIES


◆◆Information
◆◆パズル・ゲーム
◆◆発見発明挑戦アイデア
◆◆gold experience
◆◆接続
◆◆タイポグラフィ研究
◆◆フシギ☆
◆◆やわらかぁ
◆◆アゲアシトリ
◆◆共通テーマ




TOBIUO-KAI
green orange green
gold_btn gray blue
purple yellow black

2012.11.12.Mon 蝋燭

ロウソク

切り刻んでも、
鍋に入れて加熱すれば、
ひとつにもどるタフなヤツ。

第一に、照明器具であり、
匂いを付加し芳香剤としても用いられ、
インテリアオブジェでもあり、
ふすまの滑りをよくしたり、
手紙の封をする道具にもなる。


そのやわらかさは、
とけやすさ。


あらゆる不純物と融け合い、
加工されるままに身を任せ
生み出される。

人に光を与えるために、
自らを溶かし続けて芯を守り、
炎に分解され、役目を果たせば消えてゆく。

常温時に個体を維持しているからこそ、
あらゆる場面で使い易い。
なかなかどうして見上げたものだ。


◎やわらかぁ格言
融ければみんな、やわらかぁ。



※後記※
・・とはいえ調べてみると、必ずしも全ての物質が融けるわけではなく、
ダイヤモンドなんかは加熱すると、黒鉛になるそうです。

状態変化って不思議なものですね。



2012.08.19.Sun 赤子

だれもが昔は赤子だった。

抱きかかえたくなる、やわらかさ・・。

さわりたくなる、
あのぷにぷにとした肌。

赤子の持つ、人に「さわりたい」という衝動を引き起こす力はすごい。

やわらかい肌は弱さであり、同時に、
多くの大人を引き寄せて自らを守らせるための取り柄なのではないだろうか。


また、
ベイビーブルー、ベイビーイエロー、ベイビーピンクなど、
色名にベイビーとつけるだけで、
彩度をおさえた、明るい、やわらかい色調となるが・・

G-shockという丈夫さが特徴の男物時計が、それを応用し、
赤子のやわらかぁエッセンスを取り入れたときに、
Baby-Gというヒット商品が生まれた。


グラフィックでも、文章でも、
やわらかさ、やさしさを表現する時には、
とりあえず、「幼くする」とよいかもしれない。


「社長、おはようございバブ。」
「○○さん、この書類コピーお願いしまチュ。」
「アッチョンブリケ」


なんだかよくわからなくなったが・・


◎やわらかぁ格言
「あの人も 小さい時は やわらかぁ。」




2012.05.31.Thu 柔道

日本発のオリンピック種目
「柔道」とは、すなわち「やわらか道」

世界のトップ選手たちが、日々特訓し、
自らのやわらかさに更なる磨きをかけ、
できる全てをやりきって頂点を目指す・・。

体の柔軟も大切だが、

柔道に見る、やわらかさとは、
すばやく柔軟な思考力にある。


力や体格が全てではない。
「柔よく剛を制す」という言葉があるように、
自分を知り、柔軟に行動できる者こそ強いのだ。きっと。


選手たちは鍛え上げた柔らかさのゆえに、
ケガからも守られ、次につながる試合をできるのだろう。

◎やわらかぁ格言 「次につなげるために必要なのは、折れることのないやわらかぁ心


今年のオリンピックでは、
「あのお辞儀のやわらかさはただ者ではない・・」
「この内股、動きがやわらかいっっ」

など、やわらかさを見て楽しんでみてはいかがだろうか。



2012.01.19.Thu ベッド

ショッピング中、歩き疲れた時に、
無印良品で腰掛けに使わせてもらった。

今回はベッド。

毎日ベッドとどう付き合うかで、
朝から夕まで腰が痛かったり、背中の筋肉がこわばったり・・
いろいろと気むずかしい品でもある。


無想状態でぽーんと飛び込み、
ボフッ・・と、うつ伏せになれば、実に快感。


やわらかさの秘訣は、
ベースのしなり具合とマットの構造だそうだ。

マットに使われている中身はコイル、ポリウレタンが主流。

それらがちょうど良い弾力性をもって変形することで、
ショックを吸収し、ここちよい沈み感を生む。


このベッドの持つやわらか特性は、人にどう作用するだろうか。

ベッドは普段の生活で接している、あらゆる固いもの
  床や、壁、キーボード、机など   との隔たりとなり、
日々の生活に、それはもうやわらかい、やすらぎ空間をあたえてくれる。


一度その上に乗ってしまえば、
ひとときストレスから解放され、
幸福感に包まれ、もう動く気がなくなる・・・

まるで魔力。


気をつけなければ、

「宿題なんて、やーめっぴ」

なんて現実逃避にも繋がりうる。



やわらかさは、とても魅力的な要素だが、
やわらかいものだけを求めすぎると、何か大切なものを失うのかもしれない。



◎やわらかぁ格言
「やわらかぁもん使うんなら、時と場合を考えんならん。」





2011.12.10.Sat 粒ガム 

はじめは、ガム。

光沢のある装甲を身にまとい、
湿気の多い日本でも、いつもドライ。
粒ガムだ。

携帯性にすぐれ、実に合理的。


やわらかい?

どっちかと言えば、
あまり、やわらかくない。

そのやわらかさは、はじめは、ない。


噛み砕かれ、
唾液とねちゃねちゃ練られることで、はじめて生まれる。
彼のやわらかさは、人によってつくられる。


注目すべきは、
カタい部分が、弾力のあるやわらかさを実感させる・・
「はじめはカタく、後にやわらかぁ」という、コントラストだ。

そのバランスが、大切なのだ。


かつて、店頭で鮮やかなパープルのチューブに入ったガムを購入したことがあった。
はじめからやわらかく、絞り出して口に入れるガム・・。
今となっては、もはや、あのガムを見かけない。

きっと、ぬめりけのある生ガムを開発しても、
受入れてもらえないだろう。


かたさあっての、やわらかさ、なのだ。


◎やわらかぁ格言
「やわらかぁもんの裏には、かてぇもんがある。」





ま。
そもそも、やわらかさ欲しさにガムを購入したことはないんだけども・・
第一回はガムにしたかったのです。笑



2011.12.09.Fri とびうおパープルごあいさつ

はじめまして とびうおパープルです。

カテゴリーは 「やわらかぁ」 と題しました。


日常の中にある、やわらかぁもんを観察し
やわらかぁエッセンスを取り出して
そこからキャラクターを作成します。

目標は、自分のやわらか表現の幅をむにっと広げること。


 ゆとり いやし かわいさ ゆるさ

・・みたいな?
こういうものを探っていこうかと。



また、頭の柔軟さを育成するため

記事投稿後も、皆様の反応を見つつ
キャラクターに反映しておこうかと考えております。


おてやわらかに。

とびうおパープル




1/1