TOBIUO-KAI CATEGORIES


◆◆Information
◆◆パズル・ゲーム
◆◆発見発明挑戦アイデア
◆◆gold experience
◆◆接続
◆◆タイポグラフィ研究
◆◆フシギ☆
◆◆やわらかぁ
◆◆アゲアシトリ
◆◆共通テーマ




TOBIUO-KAI
green orange green
gold_btn gray blue
purple yellow black

2012.12.14.Fri 八尾の宇宙人 2  Yellow

久しぶりの更新です〜。Yellowでございます。
以前の八尾の宇宙人のお話の続編です。

ーーーーーーーーーーーーー


 
Kさん夫婦はその日も、終電間際に大阪の上本町から近鉄電車に乗って、

自宅のある八尾に向かう帰路にありました。


数ヶ月前に体験した不思議な出来事(詳しくはこちら)を

二人で思い出していると、

またしても隣の線路上に奈良方面行きの近鉄電車がぴったりと並走している

していました。二人は八尾方面行きの電車に座ったまま、

対面の窓ごしに見える奈良行きの電車の車内を

夫婦でキョロキョロと眺めていました。

以前目撃した不思議なおじさんを探してみたのですが、

奈良行きの電車内は特に乗客も少なく、見たところおじさんの姿は

みえませんでした。

少しだけ期待もしてましたから、がっかりしながらも、

二人ともほっとしました。


二人が、ほっとしてお互いの目を合わせたとたん、、、

奥さんのとなりの席にドスンと勢い良く

誰かが座り、二人ともビクッとしました。

乗客もまばらなのでそんなに近くに座らなくてもいいのに、

奥さんのすぐとなりに腰を下ろした人物に、

Kさんは視線を向けました。


その人はなんと、以前目撃したおじさんだったのです!


Kさんは、背筋に冷や汗が流れるのを感じると同時に、

不思議と喜びを感じました。

それは、以前の遭遇のあと宇宙人についてネットでいろいろと

調べていたので、恐い思いはなかったんだそうです。



おじさんは向い側の網棚の上あたりをボ〜っと見つめながら、

音とも言葉とも言えないような、ちょうど一昔前のインターネットを

つなげる時の信号音のような音を口から発しながら、

細かく口先を動かしていました。


周りには何人かの乗客がいましたが、

不思議な信号音のような音を発しているおじさんには、

だれも視線を向けていません。


Kさんがインターネットで調べた情報によると、

「宇宙人は心が読めるらしい、、」というので、

試しにKさんは心の中で

こんなふうにおもいました。


「僕たちだけに見えていて、他の乗客たちはなぜ不思議なおじさんに気がつかないのか」。


するとおじさんの口から発せられる信号音はとまり、

おじさんはゆっくりとこちらに顔を向け、

語り始めました。


おじさん:「あのな〜、、まわりをよく見てみ〜。」


Kさんは心が読まれた!!!と思い、

驚きで体がビクッと動きながらも、

Kさんはたどたどしく声を出しました。

Kさん:「は、、え?」

と返事にもならない返事。


周りを見渡すと

Kさんと奥さんと、不思議なおじさんのほかに乗客は4〜5人。

他の乗客たちはみんな携帯電話の画面に釘づけでした。


おじさん「あれが、あかんねん。あれではなにも見えへん。」

Kさん「ん??なにがですか?」


Kさんはその時はよくわからなかったのですが、あとから考えると

みんな携帯ばかり見ていて、周りに関心がないから、不思議な人がいても

分からないだろう、、ということなのだろうか、、、と思ったそうです。


そして話はもう少し続くのですが、、、、


セカンドコンタクトのお話もまただいぶ長くなってしまったので

続きはまた次回に★









| 09:47 | comments(0) | フシギ☆ |

2012.06.06.Wed 八尾の宇宙人  Yellow

 先日、映画「メンインブラック3」を見ました。

私、もともと宇宙人ネタは大好物なので、
宇宙人が沢山登場する映画は基本的に好きなのですが、
地球を侵略するタイプの内容よりも、
コミカルに楽しく見せてくれる内容に惹かれます。

宇宙人なんて映画の中だけのことだ、、、、
そんなふうに誰もが思うのでしょうか。
8割ぐらいはそうなんだろうな〜なんて私は思っていますが、
私は宇宙人はいると思っています。

友人のおかあさんは、夕方に台所で食器を洗っていると
目の前の曇りガラスからの強い光を感じて、
車のヘッドライトかな?と思って窓をあけると、、、、
空き地の中央に
直径10メートルほどの銀色の円盤が、地上1mぐらいの
ところに浮遊して、全体に強い光を放っていたとのこと。。。
まあ、それでもお母さんはUFOだと信じていないのだとか。。。

私自身も、どうかんがえてもUFOだろうな〜なんていうものを
何度か見ています。それはまた機会に具体的に書きたいと思いますが、

今日は、仕事先の人が体験した宇宙人との接触のお話。。。。

私の仕事先の男性Kさんは、大阪の東のほうの八尾というところに住んでいて、
勤め先の会社がある大阪の中心部には、近鉄電車を使用しています。

大阪の上本町から近鉄電車の終電に乗って、
家のある八尾へ向かう帰りの車中のお話。。。

その日はたまたま大阪に買い物に出て来ていた奥さんと、
外で夕食を住ませて2人で終電に乗りました。
上本町からは、八尾方面と奈良方面の電車が並走していて、
途中の鶴橋駅までは、行き先の違う電車が
真横にぴったり並列して走る事が多いのです。

Kさんと奥さんは隣同士にすわり、
目の前には奈良行きの近鉄電車が並走しています。
八尾方面行きも、奈良方面行きも、遅い時間ですから、
人も少なく、各車両に3〜4人ぐらいの乗客数。
Kさんがふと、並走する奈良行きの電車に目をやると
何の変哲もない普通の50際ぐらいのおじさんと、目が合いました。

その瞬間!!

なんと、おじさんの下あごがガゴッと下に大きく
移動したかと思うと、口の中から大きなピンクの塊が
デロリ〜ンと飛び出して来て、大きな下のようにベロンと
垂れ下がったように見えた。。。。
とのことでした。。。。。。

Kさんは自分だけが幻覚を見たんだと思ったようで、
奥さんの方を振り向いたとたん、驚きました。
奥さんも目を見開いて、驚いた表情でこちらを見て青ざめていた
とのことでした。

そうこうしているうちにそれぞれの電車は
二手に分かれて進み、そのおじさんは何事もなかったかのように
電車に座ったままだったそうです。

実はこれが1度目の遭遇で、
お話は2度目の遭遇に続きます。
ちょっと長くなってしまったので、それはまた後日ということで。。。。


というわけで、個人的な感覚としては
メンインブラックは、
半分ノンフィクションな感覚で見ているというわけなんです〜。
でもそんな感覚で行き交う人を観察していると、
結構おもしろいですよ。







| 15:26 | comments(0) | フシギ☆ |

2012.02.26.Sun フシギなりんご☆

こんにちは。
新しくメンバーに加わった
とびうおイエローです。

日々の生活の中でフシギだな〜なんて思う事を
テーマに書かせていただくのが私イエローの担当です。

まず始めは、『フシギなりんご』についてです。

私は立ち読みをするのが習慣になっているのですが、
2年程前でしょうか本屋で平詰みされている本の中で
妙に気になる本がありました。



添付画像にもあるように、笑顔がとてもすばらしいおじいさんが
表紙の本で『すべては宇宙の采配』というタイトルの本でした。

笑顔のすばらしおじいさんの名前は
木村秋則さん。
青森県でリンゴ農家を営んでいらっしゃいます。

本の内容を簡単に言うと、
木村さんが命がけで無農薬のリンゴを生み出すまでの実話です。

私の出身は長野県で、青森に次ぐリンゴの生産地なのですが、
無農薬のリンゴなんてありえない話でした。
小学校〜高校の間、通学路には多くのリンゴ畑が広がり、
朝に噴霧される農薬の匂いをまとって毎朝当校していましたから、
リンゴに農薬を使うのは当たり前だと思っていましたし、
そんな常識の元、リンゴに巣食う虫は農家にとって敵なのです。

木村さんが無農薬のリンゴを生み出す過程で、
既存のリンゴ生産の常識はくつがえり、敵であった虫は敵ではなくなります。
(味方であったはずの周りの農家に敵対されてしまうのですが、、、)

と、書き始めると長くなってしまいますし、、、
本の中にはもっともっとフシギで面白い内容が沢山あるのですが
ここではあえてあまり書きません。読みたいな〜と思った方はぜひぜひ〜。

そんな、面白い本を読んだ後ですから、
当然、その無農薬リンゴが食べたくなりますよね〜。
しかしながらそのリンゴは自然の法則の中で育つので、
収量も少なく、しかも私のように『食べたい!!』と思う人が多すぎて、
全く手に入らない幻のリンゴなのです。
地元青森の人でもなかなか手に入らないのだとか。。

しかし、2年ほど経過したあと
フシギなご縁で手に入ったのです!!

妻のお友達が度々仕事で青森に行く機会があって、
巡り巡って数個の木村リンゴを手に入れて、わたしたち夫婦に
2個をプレゼントしてくれたのです。

そのリンゴが家に届いた日、私はインフルエンザで高熱を出し始めていました。
この奇跡のリンゴで回復するぞ〜とばかりに、そのリンゴをほおばりました。

そして、一番フシギな場面がやってまいりました。

なんと、泣いてしまったのです。

分かりません。なぜなんでしょう。確かに美味しいのです。
いままで食べたあらゆるリンゴの中で確実にナンバー1なんですけど、
36才、インフルエンザで寝込んでいるおっさんが、
リンゴを食べて泣くんです。もう訳がわかりません。

なんだかとても暖かい感じがして、『これが本当のりんごなんだ』と
感じるんです。目には見えないし、数値でも計れないかもしれませんが
とてもエネルギッシュな感じでした。

既存の常識を覆して生まれたリンゴに『本物』を感じました。

わたしが今までに常識だと思っていたものも、
それが壊れた時に何か別の価値観が見えて来たりするのかも、、、、
なんて思うくらい、
そのリンゴは私にとってフシギな存在だったのでした。









| 10:13 | comments(0) | フシギ☆ |


1/1