TOBIUO-KAI CATEGORIES


◆◆Information
◆◆パズル・ゲーム
◆◆発見発明挑戦アイデア
◆◆gold experience
◆◆接続
◆◆タイポグラフィ研究
◆◆フシギ☆
◆◆やわらかぁ
◆◆アゲアシトリ
◆◆共通テーマ




TOBIUO-KAI
green orange green
gold_btn gray blue
purple yellow black

2011.12.28.Wed 黄金ポージング

 

それは,怪しげなポーズでこちらを眺めている。

直立しているのではなく足を肩幅よりも広く開きひざを曲げ,少し前かがみで両手首の内側同士を近づけ,腕は少し前方にだらりと出されている。顔は少し傾いていて前方を向いている。服は身に着けてなく全身の隆々とした筋肉がはっきり見てとれる。頭のてっぺんから足先までの皮膚の上にはアーガイル柄のような白い平行線がいくつも引かれている。その模様からはたくさんのひし形を見つけることができ,ひし形はこげ茶色と紺色の2種類に塗り分けられている。顔も同様の平行線によって右目,左目,鼻と口,額の4つのひし形状のブロックに分けられている。

おまけに頭の先から眼の上までは輪切りの状態で4個ほどスライスされた肉片がのっかっている。他にも輪切り状にスライスされている箇所が肘から手首の間の一部などでも見られる。

それは,普通の人間ではない。

 

先日,ネットでたまたまあるフィギュアの画像を見た。これまでは立体模型,いわゆるフィギュアには全く関心がなかった。それを見るまでは。

画像は,正面からのアングルの他,後ろや横からなど何種類かアップされていた。この,どちらかといえば気持ち悪いといってもいい風貌のどこに魅力があるのだろうか。

それはポーズ。

その1点。

このポーズは計算されにされつくされている。

腰や腕に若干のひねりを加えた黄金ポージングである。

もちろん可動式ではなく全く動かない,三次元空間全方位に対応した,いつでもどこからでも黄金ポージングを眺めることができるフィギュアである。

 

http://www.dimolto.co.jp/highwaystar_second.html

 

一目でそのようなことを感じさせてくれた黄金ポージングであったが,実物を買うつもりはない。ちょっと欲しいと思ったけど,実物はまた違うからね。

 





Comment