TOBIUO-KAI CATEGORIES


◆◆Information
◆◆パズル・ゲーム
◆◆発見発明挑戦アイデア
◆◆gold experience
◆◆接続
◆◆タイポグラフィ研究
◆◆フシギ☆
◆◆やわらかぁ
◆◆アゲアシトリ
◆◆共通テーマ




TOBIUO-KAI
green orange green
gold_btn gray blue
purple yellow black

2012.01.12.Thu 迷酔 - M E I S U I -

新しい年、辰年となりました。
年男ではないが「竜」が大好きなブルーです。

今回のタイポ研究は「 迷路 + 文字 」です。
注)オレンジのカテゴリではありません。

なぜタイトルが「迷酔」なのか・・・
造語のつもりでしたが、辞書にしっかりありました。
    ↓
めい-すい【迷酔】
→〔名〕ある物事に正常な判断ができなくなり夢中になること。また、その状態。
...日本国語大辞典より


B_0002


この迷路、結果的にワインのラベルとしてデザインしています。
迷路を楽しもうとスタートするのだが、
ちょうど中央あたりで気分が悪くなり、酔った感じになるのです。
そこに浮かび上がるのが「迷酔」という2文字。

右下のゴールへの順路は1つしかありません。
ワインを口にしなくても目がクラクラするのはなぜなのか...
それは、透明感のあるボトルに巻き込んであるため、
反対側に見える道がズームされ、ゆがんで見える。さらに揺れるのである。

勇気のある方は、透明のシートに出力して
ワインボトルの貼って、チャレンジしてみてください!
ただ、私は迷路遊びが趣味でも達人でもありません。
どうしてもゴールにたどり着けないとか、簡単すぎるとか・・・
一切苦情はお受けできません。




ということですが、今回の研究は、
迷路のラインがタイポとしてデザインできないかを試みた作品です。
作ってると目まいがして酔ってきたので、
お酒(ワイン)とリンクさせ「迷酔」と名づけました。


また次回、新たな視点で研究しようと思います。






Comment