TOBIUO-KAI CATEGORIES


◆◆Information
◆◆パズル・ゲーム
◆◆発見発明挑戦アイデア
◆◆gold experience
◆◆接続
◆◆タイポグラフィ研究
◆◆フシギ☆
◆◆やわらかぁ
◆◆アゲアシトリ
◆◆共通テーマ




TOBIUO-KAI
green orange green
gold_btn gray blue
purple yellow black

2012.03.31.Sat 混ぜると危険?(白黒)byグレー

最近、KYという言葉をさほど耳にしなくなった気がします。
言葉としての流行りが終わったということなのでしょうか。
それとも他人が自分(たち)に合わせてくれるかどうかよりも 
   「自分(たち)自身を他人にどう合わせるか」
という意識の方が強くなったのでしょうか。

もしそのような意識の変化があったとすれば、それはある意味で
当然のことなのかもしれません。
意識的であろうとなかろうと、自分という存在を自分を取り巻く環境に
融合させていくことは、言うまでもなく、全ての生物が生存するために
必要なことであり、その融合の実現は、一般的には
         「進化」
と表現される大変重要な出来事です。



       パンダはなぜ白黒なのか?


シマウマと同じように、外敵から身を隠すための保護色ということらしいです
が、これには腑に落ちない点があります。
それは、パンダが熊の一種であるということ。熊はかなり強い。
だから、捕食される心配はなさそうに思えます。
 
シャチの場合には、獲物を捕まえるときに相手に気付かれないための
カモフラージュと解釈されているようで、これには納得できます。
パンダもシャチのように獲物を狩りやすくするために白黒の体色を
獲得したのでしょうか?笹をいたすらむしゃむしゃする姿からは
想像しにくいですが…


もしかしたら…
白黒の体色は、その生物と同種の生物との気性の違いがあることを
示すためのカラーリングなのではないか。

シマウマは気性が荒く、人が乗るには適していません。
しかし、白と黒が混ざり合ってブラウンになったとすると、
鹿毛のウマになっておとなしくなる。
 
シャチはイルカのようですが、イルカと違って人を襲うことがあります。
しかし、白と黒が混ざり合ってグレーになったとすると、
大きなイルカになっておとなしくなる。

パンダはおとなしいですが、白と黒が混ざり合ってブラウンに
なったとすると、熊になって凶暴になる。


白黒のボーダーになっている囚人服も、昼でも夜でも見つかり
やすいというだけでなく、一般の人たちとの気性の違いを示す
ためということもあったのかもしれません。
そして、現在はそういう差別をしてはいけないということで、
白黒囚人服をやめたのかもしれません。
 

注)囚人服については、
    旧約聖書レビ記19章19節 「2種の糸で織った衣服を身につけてはいけない」
  に由来するようです。




Comment