TOBIUO-KAI CATEGORIES


◆◆Information
◆◆パズル・ゲーム
◆◆発見発明挑戦アイデア
◆◆gold experience
◆◆接続
◆◆タイポグラフィ研究
◆◆フシギ☆
◆◆やわらかぁ
◆◆アゲアシトリ
◆◆共通テーマ




TOBIUO-KAI
green orange green
gold_btn gray blue
purple yellow black

2012.08.19.Sun 赤子

だれもが昔は赤子だった。

抱きかかえたくなる、やわらかさ・・。

さわりたくなる、
あのぷにぷにとした肌。

赤子の持つ、人に「さわりたい」という衝動を引き起こす力はすごい。

やわらかい肌は弱さであり、同時に、
多くの大人を引き寄せて自らを守らせるための取り柄なのではないだろうか。


また、
ベイビーブルー、ベイビーイエロー、ベイビーピンクなど、
色名にベイビーとつけるだけで、
彩度をおさえた、明るい、やわらかい色調となるが・・

G-shockという丈夫さが特徴の男物時計が、それを応用し、
赤子のやわらかぁエッセンスを取り入れたときに、
Baby-Gというヒット商品が生まれた。


グラフィックでも、文章でも、
やわらかさ、やさしさを表現する時には、
とりあえず、「幼くする」とよいかもしれない。


「社長、おはようございバブ。」
「○○さん、この書類コピーお願いしまチュ。」
「アッチョンブリケ」


なんだかよくわからなくなったが・・


◎やわらかぁ格言
「あの人も 小さい時は やわらかぁ。」





Comment