TOBIUO-KAI CATEGORIES


◆◆Information
◆◆パズル・ゲーム
◆◆発見発明挑戦アイデア
◆◆gold experience
◆◆接続
◆◆タイポグラフィ研究
◆◆フシギ☆
◆◆やわらかぁ
◆◆アゲアシトリ
◆◆共通テーマ




TOBIUO-KAI
green orange green
gold_btn gray blue
purple yellow black

2013.02.07.Thu KIZU

 ここのところ,右手から流血することが多くなった。原因はわかっている。左腕につけている腕時計の金具の一部が曲がり,針のような先端部分がうまく収まらず,むき出しになり右手を傷つけているためである。最初は手に痛みがなく,じっくり見てみてもほとんどわからないほどの小さな傷だったが,ある時切った瞬間痛みを感じたときがあり,じっくり手を見てみると所々傷になっていることを自覚した。その後もその腕時計をつけ続けたので,手を切るだけではなく,セーターに引っかかり編まれていた糸が飛び出てしまうこともあった。この調子でいくと,手は血だらけになり,ダウンジャケットに腕を通した瞬間,内側の薄い生地に尖った凶器が触れ,びりびりに破れ,そこから大量の羽が舞い上がり,着れなくなってしまうかもしれないので,時計の先端部分に危なくないような処理しようと思い,セロテープを貼ろうとした瞬間,手が止まった。

結局,セロテープをゴミ箱に捨て,傷がつかないようにする対処を行わなかった。時計自体は何十年も昔のもので見た感じもボロボロの自動巻時計だが,セロテープを貼ることはできなかった。貼るぐらいなら使わない方がいい。

ここまでボロボロになっても未だに使っている時計は,親から何気なくもらったものであった。自分で選んだ時計で気に入っているものもあるが,そちらは電池を換えるのが面倒なので使わなくなった。ちなみに電池交換が不要な最新の時計は持っていないし,あまりほしいと思わない。いろいろ買ったところで,この時計に戻ってしまう。そんなに格好いいともいえない自動巻時計にいつのまにか愛着がわいてきていたのだろうか。時計は二日ほど付けずに置いておくと止まってしまう。次に付けるときには,何度か振って動くようにしてから,時刻を合わせて付ける。そんな面倒くさい行為に慣れてしまって,もう日常の一部に取り込まれている。月曜の朝,時計を耳元に近づけ何度か振ってローターがグルグル回っている音を聞いて,一週間が始まる。





Comment