TOBIUO-KAI CATEGORIES


◆◆Information
◆◆パズル・ゲーム
◆◆発見発明挑戦アイデア
◆◆gold experience
◆◆接続
◆◆タイポグラフィ研究
◆◆フシギ☆
◆◆やわらかぁ
◆◆アゲアシトリ
◆◆共通テーマ




TOBIUO-KAI
green orange green
gold_btn gray blue
purple yellow black

2013.01.29.Tue 最愛の母

  テレビや週刊誌などで、時々有名人のご両親の忌報が報じられたりする。

「俳優のAさんの最愛の母が亡くなった」とか。

お悔やみのところ申し訳ないが、僕はこの「最愛」というのがどうにもひっかかる。

「最愛」というのは、もちろん「最も愛している」という事だが、これは他の何かと比較してその中で一番愛しているという事である。

このAさんにとってその比較対象は何なのだろうか?特に注釈が無い場合、全人類の中で一番母親を愛していると解釈しても良いのだろうか。だとすれば、彼は相当なマザコンだという事になるし、父親や妻や子供は「愛する人ランキング二番手以降」ということで良いのだろうか。そういう目でテレビ画面に映るAさんを見てもしまいますよ、僕は。


 そもそも、そのニュースを報道している記者はそこの所をきちんと確認したのか怪しいんですけどね。「えー今回お亡くなりになられたAさんのお母様ですが、この方はAさんにとって愛する人ランキング第何位でしょう?」なんて質問をしているとは到底思えない。

きっとこの「最愛」は記者の思い込みによる捏造報道だろう。

こうした記者は、更に追い打ちをかけて捏造する事がしばしばある。

「天国におられるお母様に何か一言を」これである。

天国にいるのを記者は確認したのか。一歩譲ってあの世があるとしても、

日本の場合は寺で仏式の葬儀をしている事がほとんどで、その場合「天国」ではなく

「涅槃」ではなかろうか。もっと正確にいうと葬儀したてのホヤホヤの時、49日間は涅槃に行く準備段階として、現世のそこらをウロついているとされている。


つまり、正確な報道を目指すなら「比較的愛するお母様を亡くされたAさんにインタビューさせていただきます。仏教界では涅槃に行く準備段階でそのあたりをウロついているとされているお母様に何か一言を」と質問してほしい。




2013.01.22.Tue 12.4色定理のゲーム その1

今回から何回かにわたって,4色定理をもとにしたゲームを考察していきたいと思います。

まず,4色定理を知らない方のために,簡単に説明しておきます。
4色定理とは,どのような地図も,隣接する領域が異なる色になるように塗るには4色あれば十分だ,という定理です。ちなみに,以前は未解決の問題だったために,4色問題といわれていました。

例えば,次のようなものです。



桃色とそのまわりの部分に着目すると,3色では塗り分けられないことがわかります。なお,5色必要な場合があるのではないか,というのを否定するのが4色定理の証明の難しいところなのですが,詳しく知りたい人は自分で調べてみてください。

回りくどくなりましたが,そこから考えたゲームが次の「RGBゲーム」です。
ゲームのルールは,次の通り。
・2人で遊ぶ。
・縦横3マスずつの方眼を台紙に使う。
・順番を決め,交互に色を塗っていく。
・交互に塗る色は,R(赤),G(緑),B(青),・・・の繰り返し。
・隣り合う領域に同じ色を塗ってはいけない。
・先に塗れなくなった人の負け。全部塗り終えたら引き分け。




というわけで,この考察は次回に続きます。



2013.01.10.Thu ガリレオ

 僕は子供の頃に「世界偉人伝記シリーズ ガリレオ・ガリレイ」を読んで感動した。
名言「それでも地球は動いている」はとにかく衝撃的だった。
世の中の常識や慣例とされている事柄の中にも時々おかしな事があるから、惑わされない様に常に疑いの眼で物事を見なければならない。
そして不備に気付いた時にはとにかくそれを主張するべきで、すぐに庶民の理解を得られなくても、いつか時代が自分に追い付いてくるはずだとその本は教えてくれた。
などと言っては親や教師から「揚げ足を取るな」「屁理屈を言うな」と疎まれ続けてきたが、その面倒臭い性格は未だに改まっていない。
「なぜ揚げ足を取るのか、それはそこに足が揚がっているからだ」
 例えば、歯ブラシの先っちょに付ける歯磨き剤の事を「歯磨き粉」と呼ぶ人がいる。どう見ても粉末ではないのに。製品パッケージにも「歯磨き」とか「歯磨きペースト」とは書かれていても「歯磨き粉」とは書かれていない。
間違いは間違いと指摘しなければならない「それでも歯磨き剤は練り物である」と。
 直径を表す記号Φを「パイ」と読む人がいる、ギリシャ文字の「パイ」は円周率を表すπなのに。「それでもΦはファイである」。
 常識や慣例を疑うということであれば、ガリレオの地動説も現代では常識となった以上、やはり一度は疑ってみなければならないだろう。
 考えてみれば、現代の常識人の皆様の何人が自身の目で天体観測をして、地動説を検証したのだろうか。天文学者を除く殆どの人がそんな事はしていないと思う。もちろん僕もやっていない。
では何故、現代人の多くは地動説を信じているのか。それは単に「学校で習ったから」「学者が言っているから」からに過ぎず、その論旨は「教会が言ってるから」「皆が言ってるから」と天動説を信じた時代の人々と何ら変わりが無いのではないか。
だからといって、自分で幾千とある夜空の星の動きをいちいちチェックして地動説を検証するなんて面倒臭い事はやってられない。しかし一方、現在の拠り所となっている「学者の説」なんてのも時代によって変節したりする事があるのは歴史の事実だ。
もしかしたら、どこかの学者が突然「地動説は間違ってたスマン!やっぱ天動!これでキマリッ!」なんて言い出すかもしれない。
などと考えをめぐらしていると、自分でももう何を信じていいのか判らなくなってくる、困ったものだ。
もしそんな風に天動説が復活したら世の中がどうなるのかはまったく見当もつかないが、
ともかく「天地がひっくり返った様な大騒ぎ」になる事は間違い無いだろう。



2012.12.14.Fri 八尾の宇宙人 2  Yellow

久しぶりの更新です〜。Yellowでございます。
以前の八尾の宇宙人のお話の続編です。

ーーーーーーーーーーーーー


 
Kさん夫婦はその日も、終電間際に大阪の上本町から近鉄電車に乗って、

自宅のある八尾に向かう帰路にありました。


数ヶ月前に体験した不思議な出来事(詳しくはこちら)を

二人で思い出していると、

またしても隣の線路上に奈良方面行きの近鉄電車がぴったりと並走している

していました。二人は八尾方面行きの電車に座ったまま、

対面の窓ごしに見える奈良行きの電車の車内を

夫婦でキョロキョロと眺めていました。

以前目撃した不思議なおじさんを探してみたのですが、

奈良行きの電車内は特に乗客も少なく、見たところおじさんの姿は

みえませんでした。

少しだけ期待もしてましたから、がっかりしながらも、

二人ともほっとしました。


二人が、ほっとしてお互いの目を合わせたとたん、、、

奥さんのとなりの席にドスンと勢い良く

誰かが座り、二人ともビクッとしました。

乗客もまばらなのでそんなに近くに座らなくてもいいのに、

奥さんのすぐとなりに腰を下ろした人物に、

Kさんは視線を向けました。


その人はなんと、以前目撃したおじさんだったのです!


Kさんは、背筋に冷や汗が流れるのを感じると同時に、

不思議と喜びを感じました。

それは、以前の遭遇のあと宇宙人についてネットでいろいろと

調べていたので、恐い思いはなかったんだそうです。



おじさんは向い側の網棚の上あたりをボ〜っと見つめながら、

音とも言葉とも言えないような、ちょうど一昔前のインターネットを

つなげる時の信号音のような音を口から発しながら、

細かく口先を動かしていました。


周りには何人かの乗客がいましたが、

不思議な信号音のような音を発しているおじさんには、

だれも視線を向けていません。


Kさんがインターネットで調べた情報によると、

「宇宙人は心が読めるらしい、、」というので、

試しにKさんは心の中で

こんなふうにおもいました。


「僕たちだけに見えていて、他の乗客たちはなぜ不思議なおじさんに気がつかないのか」。


するとおじさんの口から発せられる信号音はとまり、

おじさんはゆっくりとこちらに顔を向け、

語り始めました。


おじさん:「あのな〜、、まわりをよく見てみ〜。」


Kさんは心が読まれた!!!と思い、

驚きで体がビクッと動きながらも、

Kさんはたどたどしく声を出しました。

Kさん:「は、、え?」

と返事にもならない返事。


周りを見渡すと

Kさんと奥さんと、不思議なおじさんのほかに乗客は4〜5人。

他の乗客たちはみんな携帯電話の画面に釘づけでした。


おじさん「あれが、あかんねん。あれではなにも見えへん。」

Kさん「ん??なにがですか?」


Kさんはその時はよくわからなかったのですが、あとから考えると

みんな携帯ばかり見ていて、周りに関心がないから、不思議な人がいても

分からないだろう、、ということなのだろうか、、、と思ったそうです。


そして話はもう少し続くのですが、、、、


セカンドコンタクトのお話もまただいぶ長くなってしまったので

続きはまた次回に★









| 09:47 | comments(0) | フシギ☆ |

2012.12.10.Mon はじめまして

 はじめまして、
この度仲間に入れていただいたブラックです。
勢いで参加したものの生来の怠け者で、
きっと遅筆になってしまうかと思いますが、
広い心で、よろしくお願いいたします。

カテゴリーの説明は長くなるので、また次回に。







2012.12.01.Sat 暇〜〜!?

ブルーです。

タイトルが「暇〜〜!?
別に、この忙しい師走に公私ともに暇なわけがありません。
今年もあと2ヶ月ほど欲しいくらいです。

今回のタイポグラフィ研究の結果を見て「暇だな〜〜」
と言われそうなので、いっそのことタイトルにしてみました。

文字となる題材は、
包装資材として大活躍のエアキャップ。=通称 プチプチ
不要になったプチプチを捨てる前に、1つ2つ...と、潰したことはありませんか?
そんな時にできた新書体です!

見えにくいかもしれませんが、
1文字のスペースを統一させ、規則を決めて計算された書体です。
文字が残るように周りを潰していく・・・
意外とすんなりA~Zまでできたので、一人で静かに感動!
さっそく12月1日という節目なので、更新します。



      ↓
 「 ひまつぶし体 」 (新書体 No.007)




※次回作は年内...? いや来年になるかな〜
  時間のない中でできた作品って嬉しいものです。











<< 2/13 >>